AIと勉強

images (1)

こんにちは,マリナパーク校の岸本です。

最近AIの進化に関する話題が増えてきていますね。人間を超える?人がする仕事がなくなる?などの話もあり,人間が生み出したものでありながら不安の元になっているのは不思議です。

ひょっとすると将来には完全自動翻訳が可能になり,英語の勉強が不要になるかも・・・と考える生徒もいるかもしれません。

 

ただ,ここで間違ってはいけないのは,「世の中が便利になること」と「個人の能力を高めなくてもよいこと」は同じではないということです。

どんなに便利になっても,何らかの形で将来社会の中で役割を担っていく必要があります。そのときに頼りになるのは,自分が身につけている能力です。その能力を身につけるために勉強が必要です。それは,

交通事故をなくす方法

blog20161201

こんにちは、西宮北口校の建部です。

 

開進館の小学生の国語の授業では、毎回の授業で「作文指導」を実施し、

月に1度200字以内の作文を書いて、添削指導を行っています。

今月のテーマは「交通事故をなくす方法」。

いったいどのようなアイデアが出てきたでしょうか?

クイズのすすめ

25047

こんにちは,マリナパーク校の岸本です。

前回は,とにかく覚えてみることについて書きましたが,今回もそれに関連する内容です。

マリナパーク校の社会のサポートでは,生徒たちに社会の問題をつくらせるということをやっています。教科書を見ながらつくるので,大事だと思う言葉の意味を自分で書くことになり効果的です。理科,社会あたりは,この方法での勉強が役立ちやすいです。自分で問題をつくって,時間を空けてから自分で解くだけでなく,他の人が作った問題を解くことで視点の違いに気づくこともできます。

なぜこんなことをさせるのかというと,基本的に

大統領選挙を終えて(敗北宣言より)

先週はトランプ氏の勝利宣言から英語の問題を出しました。

今週は、クリントン氏の敗北宣言(Concession Speech by Hillary Clinton)からの問題です。

1.次の一文を和訳してみましょう。

I hope that he will be a successful president for all Americans.

2.下線部に「長い間」という意味の熟語を入れましょう。

I know how disappointed you feel, because I feel it too. And so do tens of millions of Americans who invested their hopes and dreams in this effort. This is painful, and it will be                                .

注釈:disappointed= がっかりした・失望した , invested = invest(投資する)の過去形, painful = 苦しい・痛い・つらい

3.次の一文を和訳してみましょう。

We have seen that our nation is more deeply divided than we thought.

注釈:divided = divide(分ける)の過去分詞形

4.①・②の英単語を書きましょう。

But I still believe in America, and I always will. And if you do, then we must accept this (①結果)and then look to the (②未来).

5.下線部onesが示すものを答えましょう。

I’ve had successes and setbacks and sometimes painful ones.

注釈:setback(s) = 妨げ・逆行, painful = 苦しい・痛い・つらい

6.( )の動詞を適切な形に変えましょう。

But please never stop ( believe ) that fighting for what’s right is worth it.

 

答え

1.私は彼が全てのアメリカ人にとって良い大統領になることを願っています。

解説)     successfulを辞書にある「成功した」「好結果の」という意味で訳そうとするとしっくりこないかもしれませんが、結果的にそういう大統領になってくれると願っているということで理解できます。

2.for a long time

3.私たちが考えていた以上に、私たちの国が分断されているということがわかりました。

4.①result ②future

5.setbacks

解説)     oneは一度出てきた単語を繰り返さないために使うことがありますので、この文の中に答えがあります。successes(成功)はpainful(つらい)とは結びつかないので、onesが示すものはsetbacks(逆行)となります。

6.believing

解説)     stop + 動詞の~ing : 「~するのをやめる」 stop + 不定詞 : 「~するために立ち止まる」。中2の不定詞・動名詞の単元で学習する内容です。

いかがでしたか?

普段の生活の中で、理解できる英語はけっこうあります。特に外交関係や海外のニュースは学校の定期テストの時事問題に通じる内容もあるので、時間があるときは、積極的に読んでみてください。

 

とにかく覚えてみよう

π

こんにちは,マリナパーク校の岸本です

今回は,「覚える」についてです。

 

子どもたちからも「覚えられない」「どうやったら覚えられるのか」という声がよく上がりますが,「覚える」ためには練習が必要です。そのためには,とにかく何でも覚えようとしてみることが大切です。

 

私が中高生の頃に覚えようとしたものに,「世界の国名と首都」「原子の名前」「歴代天皇の名前」「アメリカの州」などがあります(もちろん今はかなり忘れています)。内容は何でも構いません。ポイントは,自分が覚えているかどうかを自分でチェックすることです。その中で覚えるコツのようなものをつかんでいくことができます。基本はある程度覚えたら「何も見ずに思い出すこと」です。どうしても暗記科目が苦手な生徒は,答えを見ながら勉強して「覚えたような感じ」のままテストを迎えて意外にできなかった,という結果になります。生徒たちにも伝えますが,「覚えること」そのものの意義を理解するのは難しいところもあります。

 

ただ,

大統領選挙を終えて(勝利宣言より)

アメリカの次期大統領選挙の結果を受けて、驚き・動揺・どよめき・不安・期待・・・メディアなどを通じて、様々なことが騒がれています。

結果は結果です。この結果を変えることはできませんので、これからアメリカがどう動くのか、日本とアメリカ、世界とアメリカの関係がどうなるのか、実際には来年1月20日以降、トランプ氏の言動に注目しなければなりません。

さて、選挙結果が出て、勝ったトランプ氏は「勝利宣言」、負けたクリントン氏は「敗北宣言」をそれぞれ行いました。そのスピーチは、中学生の知識の範囲で理解できるところがあります。文法的なこと、語彙的なこと、中学1年生にとってはちょっと難しいかもしれませんが、中学3年生であれば、読めそうな部分を問題にしてみました。

受験勉強の合間にやってみてください。(中1・中2の皆さんもチャレンジしてみてください。)

今週はトランプ氏の勝利宣言(Victory Speech by Donald Trump)からの問題です。

1.[         ]の中から、適切な動詞の形を選びなさい。

I’ve just [ receive / receiving / received ] a call from Secretary Clinton.

2.次の一文を和訳してみましょう。(難しい単語は注釈を参考にしてください。)

I’m reaching out to you for your guidance and your help so that we can work together and unify our great country.

注釈:reaching out = approach, guidance = 指導, unify = ひとつにする・統合する

3.①・②の英単語を書きましょう。(①は複数形で)

It’s a movement comprised of Americans from all (①人種), religions, backgrounds and beliefs who want and expect our (②政府)to serve the people, and serve the people it will.

注釈:movement = 活動, comprised = comprise(構成する)の過去形, religions = 宗教, background = 背景

4.①・②・③の英単語を書きましょう。(すべて複数形で)

We are going to fix our inner cities and rebuild our highways, (①橋), tunnels, (②空港), schools, (③病院).

注釈:inner cities = 都市(部) , rebuild = 再建する, highway(s) = 高速道路, tunnel(s) = トンネル

5.下線部に「世話をする」という意味の熟語を入れましょう。

We will also finally                         our great veterans.

6.下線部に「同時に」という意味の熟語を入れましょう。

                               , we will get along with all other nations willing to get along with us.

7.[        ]の / ごとにまとまった語句を並び替えて、次の意味になる英文にしましょう。

[本当に私を助けてくれた人々のうち数名に、この場を借りて感謝の意を示したい。]

And now [ to thank / really helped me / I’d like / who / to take this moment / some of the people ] with this, what they are calling tonight, very, very historic victory.

8.下線部が「本当に楽しみにしている」という意味になるように空欄に適語を入れなさい。

I look very much (       ) to being your president, and hopefully at the end of two years or three years or four years, or maybe even eight years.

 

答え

1.received

解説)     I’ve=I haveです。現在完了形(中3で学習する重要単元)の文にすればよいので、have + 動詞の過去分詞形から答えが導かれます。この場合は、justがついているので、現在完了の「完了」の意味でとらえます。    現在完了形には他にも「経験」や「継続」の意味を表すことができます。

2.私たちが一丸となり、我々の偉大な国の統合のために、ご指導とお力添えをいただけるようあなたたちにアプローチしていきます。

解説)  和訳するときには、大統領らしい発言になるように、知っている単語の意味に少し工夫をすることがポイントです。ここでは、guidanceは「ご指導」、helpは「助け」ではなく「お力添え」のように訳すとよいでしょう。

4.①bridges ②airports ③hospitals

5.take care of

解説)「~を世話する」という熟語は、take care of ~ の他にもlook after ~ があります。

6.At the same time

7.I’d like to take this moment to thank some of the people who really helped me

解説)     「~したい」という表現は、would like to ~ の方がwant to~ よりも丁寧な言い方です。「この場を借りて感謝の意を示したい」がI’d like to take this moment to thankとなり、「本当に私を助けてくれた人々のうち数名」がsome of the people who really helped meとなります。関係代名詞のwhoがあるので、中3生でないと解けない問題です。

8.forward

解説)     「~することを楽しみにする」という表現はlook forward to ~ing です。

 

PS:来週はクリントン氏の敗北宣言から、英語の問題をお届けします。

日々プリが効いてくるのは・・・

images

こんにちは,マリナパーク校の岸本です。

今回は(個人的に)日々プリが真にその効果を発揮する(と思う)時期についてお伝えします。

日々プリは,誰にとってもなかなか難しい「毎日コツコツと努力すること」を目的としたものです。生徒たちは,忙しい中がんばって取り組んでいます。その日々プリにまじめに取り組み続けた真の効果が現れるのは,実は

英検に合格! その後は…?

blog20161110

こんにちは、西宮北口校の建部です。

 

先日英検の2次試験がありました。

教室でも何人かの2次試験対策をしましたが、

当日は緊張せずにちゃんと面接に答えられたのか、結果が気になるところです。

 

さて、開進館でも英検を受ける生徒は少なくないのですが、

私は以前は英検に対してあまり肯定的ではありませんでした。

理由は、4択式の英検で合格をしても、

結局文法などの知識がほとんど身についていない場合が多いからです。

算数と買い物

clipart_numbers

こんにちは、マリナパーク校の岸本です。

教えるという仕事を続けて20年以上が過ぎましたが,その中で感じたことを少し書きます。

算数については、「10進法の理解」や「大きな数」が昔よりできにくくなっていると感じます。そして,お金を使ってたとえ話をしても通じにくいところがあります。

その理由は、買い物にあると思っています。昔は、買いたいものを持っているお金の範囲で買うことを考えたり、お釣りをもらえるのでできるだけお釣りが多くなるように、などと日々計算をすることがありました。今は、1000円札を持って買い物にいき、計算はレジ任せです。今後、カードでの清算が進めばさらにその傾向は増すと思います。

同様なこととして、ものを分ける機会が減ったため、割り算の感覚が直観的にわかりにくくなっているのではないか、ということがあります。

しかし、