そもそも大学入試を変える理由は?

a0001_001830

本山校の福永です。

「2020年度から大学入試が変わる!」と、様々なところで言われていますね。
そもそも、なぜ大学入試を変える必要あるのでしょうか?

前回のブログでも

————————————————————————————————————————–
一般的には、大学受験の変革だけがクローズアップされがちですが、実際は、日本の教育そのものを変えて、子どもの未来のために本当に必要なチカラを身に着けていくことが狙いです。

そして、その延長線上に大学入試の変革があります。
————————————————————————————————————————–-

と書きました。

私は、オックスフォード大学のオズボーン准教授が発言したことばに答えはあると思います。

中1中2 弱点発見テスト

IMG_1575

開進館六甲校では、先週お伝えした小6対象理科社会イベントの他に、中1・中2に対しても、あるテストを行います。

 

それがタイトルの「弱点発見テスト」なのですが、

この時期の中1・中2に最も必要なものが、今年1年の学習内容の定着」です。

2016 冬期講習案内 中学部(中1・中2) | 開進館 芦屋南校

IMG_0724

こんにちは。開進館芦屋南校です。

地域周辺の中学校の定期テストも終わり、今年の残すところあと一ヶ月になりました。

年末と言えば冬期講習です。今回は中1・中2の各クラスでの学習内容をお伝えます!

 

中1・中2は、S・Vの2クラスに分かれた講座です。Sクラスでは基本を徹底してきます。Vクラスは発展内容学習クラスです。

2020年大学入試 何が変わるの?

本山校の福永です。

「2020年度から大学入試が変わる!」と、様々なところで言われていますね。
今年の3月31日に文部科学省において、高大接続システム会議の「最終報告」がされました。
全部で75ページもある読み応えのある報告書です。

これからの時代に必要なチカラは何のかを議論し、教育改革が進められます。
今後、身に付けるべき3つの学力が名言化されています。
(1)十分な知識・技能
(2)それらを基盤にして答えが一つ に定まらない問題に自ら解を見いだしていく思考力・判断力・表現力等の能力
(3)これらの基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

ん~。なかなか難しいですね。

(1)は我々にとっては得意分野ですが、(2)(3)については、塾としてのホンモノ志向のものを提供していきたいと考えています。
(開進館では、冬期より講座の中に、そのようなチカラを養成する内容を盛り込んでいます!)

一般的には、大学受験の変革だけがクローズアップされがちですが、実際は、日本の教育そのものを変えて、子どもの未来のために本当に必要なチカラを身に着けていくことが狙いです。

そして、その延長線上に大学入試の変革があります。
まだ、未決定要素は多いですが、、どのように大学入試が変わるのか、簡単に整理しておきます。

理科社会 知識王決定戦!

IMG_1574

開進館六甲校では、12月初旬に小6対象の理科社会イベントを行います。

 

このイベントの目的は1つで「中学校入学後のスタートダッシュに成功してほしい!」ということです。

 

「え、中学校入学後は英数が大事じゃないの?」

という声が聞こえてきそうですが・・・実は中学入学前には例年生徒が見落としがちなことがあり、それを伝えたいと思っています。

小学部 実力テスト&中学部 学力判定テストのお知らせ

無題

2学期学習内容の定着度の確認を行うために、以下の日程で各種公開テストを実施致します。

各種公開学力テストについては、開進館にお通いでない方も受験していただくことが可能です。

なお、以下の場合は、受験料が無料になりますのでご兄弟や知人で受験を考えている方がいればお誘いください。

『神戸総理模試・公立高校判定模試』 挑戦者募集!!

img_1

本山校の福永です。

いよいよ高校受験が残り3ヶ月ほどになりました。
本校でも連日、自習室、教室が多くの受験生であふれています。

さて、冬期講習も目前に控えた、12月3日(土)/4日(日)に、中3対象の開進館主催『神戸総理模試』・『公立高校判定模試』を実施します。
(詳細内容、お申込み方法は【続きを読む】をクリック)

家庭学習

脳

期末テストが近づいてきましたね!こんにちは御影校の川口です。

テスト直前に詰め込まなくても臨めるのが理想ですが、そうもいきません。

でも効果的に行いたいですよね。今回は少しだけコツを教えます!