志望校別特訓の最終回

20190303_110436

結局、最後の最後まで、『公立高校のどんなに難しい問題も教科書の応用』だという話をしていました。今回の天体の問題も結局そういうことでした。

解説に書かれていることは、読まない。

少し回りくどいけど、教科書みたいにこうやって解くこと!

というのを、志望校別特訓を通して、伝えていきました。

これは・・・

今年最後の志望校別特訓

DSC07157

間違いなく、9月よりは緊張感があり、自分の成績にこだわっていることがわかります。

行くべき道は人それぞれですが、『気持ち』で負けてはいけません。

冬休み、冬期講習が終わって、どう進化するのか・・・

これもまた楽しみです。

中3志望校別特訓

DSC06963

写真は、日曜日に実施している志望校別特訓の様子です。

日曜日の特訓は・・・

・公立ハイレベル1組、2組

・自然科学系クラス1組、2組

・関学クラス

・灘クラス

土曜日の特訓は・・・

・公立スタンダード1組、2組、3組

・難関国私立クラス

・国際文化系クラス

です。

さて・・・

おつかれさん!

DSC07451

公立一般入試を終え、ほとんどの生徒が来てくれました。

・数学は、志望校別特訓の問題が出ました!

・理科は、先生が言ってた中和と天気が出ました!でも、レンズではなく圧力でした!

・英語の傾向が変わっていました!

・社会の歴史が難しかったです!

・国語が・・・!!!

受験生へ

DSC07376

公立一般入試にむけた志望校別特訓を実施しています。

今回の授業では

1 書いておくことの重要性

2 やったことを大事にすることの重要性

3 理科や社会はもう一度教科書を見てみて

4 2月の重要性

を伝えました。

基本語句の意味から

DSC07270

志望校別特訓

西宮東数理コースや市西GS科を目指す受験生の理科も担当しています。

その授業の中で『基本語句の意味がちゃんと出てくることで、思考力(?)や発展問題が解ける』という話をし、それは高校理科でも、さらに顕著だとお伝えしました。