【御影校】中1中間模擬

ちゅうかん

中1生を対象に先日実施した、模擬中間考査の様子です。写真は数学の問題を解いているときの一枚です。

「正負の数」という計算が中心となる単元でしたので、ミスをしないよう集中して解いていますね。

結果はどうだったかな!?

 

模擬テストの目的は、「分かったつもり・覚えたつもり」になっていないかを確認することです。

特に初めての定期テストとなる中学1年生は、「○○したつもり」で点数を落としてしまうことがよくあります。

数学で計算ミスをしてしまったり、社会で語句を書き間違えたり…。

しかし、逆に考えれば伸びしろがたくさんある証拠です。

数学担当の佐野がテスト後に終礼をしましたが、どの生徒も真剣に聞いており、「本番では頑張ろう!」という様子でした。

5/26(土)には中間考査復習サポートも実施します。中学生の勉強の仕方を身に着けていきましょう!